OpenCoreと他のOS(Windows等)と可能な限りうまく共存(チェーンローダーの導入)

Hackintosh

 OpenCoreは、pikerが動いて、他のOSエントリを表示させます。ただし、そのエントリは常に起動するとは限りません。
 ここでは、OpenCoreの推奨設定に可能な限り従い、他のOSと共存を実現する方法を紹介します。

 具体的には、「rEFInd」を使用して、他のオペレーティングシステムを起動させます。
 そして、MacOSを起動する場合にのみ、OpenCoreなどを使用します。
(注:以前はRefind plusを使っていましたが・・・開発者の目的が違うのでやめました)

 私は、Windowsは仕事で使うのでどうしても、デフォルトで自動起動してほしいのですが、OpenCoreからのブートではうまくいくとは限りません。
 そういった場合、BIOSのUEFI選択記ー(F8など)を押すしかありませんでしたが。この方法なら、Windowsを自動動作させることができます。 (設定を変更すると、自動起動する他のOSも起動できます。)

基本的な設定方法は、次のWebページで紹介されています。
Setting up rEFInd

 上図のようにOpenCoreがインストールされているEFIにrEFIndをインストールしましょう(設定の重要な部分は、ブートローダーとして機能する「refind_x64.efi」をUEFIが起動時に読み込む「BOOTx64.efi」に変更して、「../ EFI / BOOT」に置くことです。)
 以下にSource ForgeのRefindのページへのリンクを張っておきます。
Source Forge:rEFInd

 次に、rEFIndエントリの設定は次のとおりです(ファイルは「refind.conf」で、場所は「../EFI/BOOT」です。)

timeout 10
default_selection 1

menuentry "Windows 10 Pro" {
	volume 06FB0163-59F8-46BA-9465-7DAA35F85887
	loader \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi
}

menuentry "OpenCore" {
    loader \EFI\OC\Bootstrap\Bootstrap.efi
}

menuentry "Clover" {
	volume BF815D74-B73F-410D-B6E2-5EF6184B821C
	loader \EFI\CLOVER\CLOVERx64.efi
}

scanfor manual

 「timeout」は、デフォルトのエントリが自動起動するまでの秒数です。
 「default_selection」は、デフォルトのエントリの番号です。並べて書かれたエントリの順に、1、2、3…と数えます。
 この例では、Windows、OpenCore、およびCloverがメニューエントリにリストされています。
 「volume」で指定されたUUIDは、各EFIの「ディスク/パーティションUUID」です。 diskutil infoコマンドで確認できます。
 以下がコマンドでの確認例です。

% diskutil list
・・・
/dev/disk2 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *250.1 GB   disk2
   1:                        EFI EFI                     104.9 MB   disk2s1
   2:       Microsoft Basic Data Windows system          249.4 GB   disk2s2
   3:           Windows Recovery                         588.3 MB   disk2s3
・・・

% diskutil info disk2s1
・・・
   OS Can Be Installed:       No
   Media Type:                Generic
   Protocol:                  SATA
   SMART Status:              Verified
   Volume UUID:               3754446D-BF13-3166-95FA-BD50950CDBE4
   Disk / Partition UUID:     06FB0163-59F8-46BA-9465-7DAA35F85887
   Partition Offset:          32256 Bytes (63 512-Byte-Device-Blocks)
・・・

disk2s1がWindowsのEFIになっていたので、これをdiskutil infoを使って、Disk / Partition UUID:を確認できます。

次の画面が表示され、各エントリを起動できれば完了です。

 以下は、OpenCoreの128×128のpngファイルです。RefindではOpenCoreはUnknownなのですが、そのアイコンをこれにしておけば、一応のところ見た目がごまかせます^^;

後でになりましたが、

rEFInd用(OpenCoreのアイコンを含む)テーマ2種

で、正しいアイコンの指定をしていますので、気になる方は、ご覧下さい。

その後のOpenCoreの変更で、変更点ができました。
RefindのOpenCore項目の変更

コメント

  1. カナやん より:

    rEFIndは、mac実機でLinuxとのデュアルブート構成を組むときに使っていましたが、こういう使い方もできるのですね。

    rEFIndの良くない噂は聞いたことがあるのですが、どこソースだったか忘れてしまいました。

    • alpha alpha より:

      私も、OpenCoreがまだ若かったころに、Windowsが立ち上がらなかったので、
      1度rEFInd(確かWindowsからのInstall)を過去にやってみたんですが、
      confファイルの置き場所やら書き方などで、躓いてんですよ。
      それから、あんまり良くない噂も聞いたので、今回、改良版(PLUS)が出たんでやってみました。
      どうしてもOpenCoreは、OSMOSISからきてるので、少数ながら困ってる人がいて、そんな方に前回、騙されましたしね^^;
      検索に引っかかってくれれば、そういった人も減るかと思います^^;

Translate »
タイトルとURLをコピーしました