久々に思って見たこと。人類って自分から滅びを選ぶのではないだろうか?

結局、未開のものが憧れる文明は、人類の知的な進化(言葉は遺伝子によらない進化)だと言われたが・・・

価値と交換については、ユダヤ教から変わらない 

進みゆくしかないが、進化としては純化されすぎてしまっているようで、地球環境を危惧するほどになってしまっている

そして、すでにゆっくりとした人類の滅びを未来として描くまでになった。

農耕、産業革命と価値交換と利子。根っこを何とかできないと、使い果たすまで使い続ける世界(特に経済という世界を動かす原理)

しかも、果たすことすら認めなく、欲望は際限がないから進むという未来 

本当にコロナのように、何でもない風邪のようなウイルスが、我々をゆっくり滅ぼすまで、欲望に生き続けなければいけない日が来るんじゃないだろうか・・・ 

それとも、エネルギー問題を解決して、テラフォームした惑星で生きていけるんだろうか・・・・