Andorid用のプリンタクライアント(UBUNTUのCUPS+SAMBAで共有)

 いまいち、無料では良いのがなくて、Googleクラウドプリントで使ってましたが、「Google クラウド プリント”が来年末で廃止 ~10年間ベータ版のまま終息」
なので、探してみました。
 PrinterShareが、WindowsとMacのPrinter共有なら制限なしの無料になるので、これを使わせてもらいました。(CUPSならmac共有で、SAMBAならWindow共有なので大丈夫です)

(格安au回線)海外からのSMSが届くようになった(謎)

 全部の国ではないのかもしれませんが、海外からのSMSが届くようになりました。AppleのスウェーデンからのSMSは届くようです。

 Microsoftの方はどこからかわかりませんが、届きませんでした。

 謎です。

 

Windows10のスマホ同期がまた使えなくなった。海外からのSMSが届かない

 Windows10のスマホ同期がまた同じエラーに・・・まぁ、あまりこだわらないことにしよう。
 海外からのSMSが届かないようになった。gmailは日本からも送ってくれるようですし、Appleは音声で送ってくれるのでいいのですが、どうやら回線業者AU(KDDI)に問題があるようです。明日にでも店にでも電話してみよかと思います。

Windows10のスマホ同期が使えるようになった

 本日のアップデートで、スマホ同期がアップデートされ、設定したところ、突然使えるようになりました。どうも、5月初めにあったAndroidのアップデートへの対応のようです。
 ま、いずれにしても、使えるのは良いことです。

Windows10 スマホ同期が使えなくなる

 いつからかは定かではないのですが、スマホ同期が使えなくなっていました。
動かかないことを確認して、スマホのアカウントを消し、スマホ同期のリセットをして再セットアップを試みますが、いつも90%のところで、「接続されていますか?」以降は動かないです。スマホはWiFiでつながっており、同じローカルドメイン内にあります。ネットで調べて一通りやってみた感じですが、どうもうまくいきません。とはいえ、これのために、OSの再インストールはちょっと無理だし・・・w
 一番必要な、スマホで取った写真等の取り込みは、Sambaクライアントを使えるアプリで、Cameraのフォルダから同期することで問題あはありませんので、たまに様子を見ながら、使っていくこととしましょう。

 

OPPO A5由来の、SMS/MMSデバイス(不明なデバイス)の無くし方

以下の通りでした。

Unknown MAP SMS/MMS solved.

Go to Devices and Printers in Control Panel. Find your mobile device. Right click the icon and choose properties. Select the services tab. Uncheck MAP SMS/MMS. Your device doesn’t support it. It will disappear from the Device Manager.

スマホってべんりなのん

OPPO A5 2020を先月終わりごろに買いました。
いろいろいじくって遊んでるんですが・・・
車との連携について
Hondaの純正ナビは、Bluetoothでハンズフリーだし、
アプリで、走行距離が出て、給油量を入れてあげると、燃費が出るのねん
(・∀・)チゴイネ!
スマホの世の中なんだなぁ

UbuntuでのAPモードとWiFi設定

 家には一応、APアダプタがあるのですが、古くて調子が悪いので、スマホにつないでも速度がでませんてした。
 WebPrinterTimeMusicServerに使っている、Ubuntu18.04が、APモードにてきたので、使ってみました。上手くつながり、速度の方も改善。おおむね家のインターネット環境と同じような値が出ました。と思ったんですが、昔のAPと同じ54Mbps でした。IPv6,IPv4とも10分の1しか出ません・・・今後のことを考えて、おもいきってRE505X/A を買うことにしました。

 次に、公衆WiFiの方ですが、Biglobe mobileの場合、オートコネクトというアプリでMACアドレス設定をして上手く行きました。札幌駅できちんとつかえました。

 

Biglobe mobileは遅いけど安い・・・でも、10MB行けばそこそこ問題はない。

 何日か使って見た感想としては、思ったより遅くても使えるということ。これは、Biglobe側でも、帯域対策してあり、画像等の再圧縮をしているからかもしれない。そのぶん全体容量(月6GB)が大きくて安い(2000円くらい)。
 家ではXit Air100Wがあるので、家のチューナーから、OPPO a5 2020へ向けてTV動画をLiveで配信できる。これも、高画質でも1MB/Sである。低画質が選べ、50k~100k/sと意外とリーズナブル。
 家ではWiFi(年代物なので遅いけど)アダプタがあったので問題なし。いろいろいじくって、今のところのカスタマイズで、ホーム画面は以下のようになりました。
 壁紙はPC用4K壁紙を300秒で壁紙切替ますたーで切り替えしました。
 

 

OPPO a5 2020 使いやすく

 まず、広告の入らないOperaを主に使うことにしました。スピードダイヤルはとても使いやすいです。ただ、一応PCのブックマークとの同期があるのでfirefoxも入れておきました。
 標準のGMAILですが、http表記のある場合に、自動リンクしてくれないので、使いづらいです。Outlookにしました。(通知もOutlookのみにして問題ありませんでした。)
 写真・動画のアップロード先にアンドロイド版Megaをいれました。すべてのOSに対応しているので、定番です。(WiFi時にアップロードがあるので問題ないでしょう)カメラアップロードフォルダは、Magasync内にはできないので、Megaのホームページに行って、アップロードフォルダをMegasync内に移動して、名前をわかりやすく変更しておきました。
 最後に割と困ったのが、印刷設定でした。最終的にwpserverにchromeをいれて、chrome://devices/で、Google クラウド プリンタとしてを設定。アンドロイドはクラウドプリントで対応という方法でした。(クラウドプリンタ検索の反映までかなり時間がかかったので・・・試行錯誤してしまいましたが、結局一番楽な方法になりました。)