ここに入力して検索のときのアイコンがおかしい時

 「ここに入力して検索」はコルタナという機能です。このテンポラリファイルを丸ごと名前を変えて、元に戻します。
 まずローカルアカウントを作ります。
 つぎにそのローカルアカウントで、問題の
C:\Users\OLD USERNAME\AppData\Local\Packages\
にカレントディレクトリを移します。(管理者権限のCMDで)

move "Microsoft.Windows.Cortana ############" "Microsoft.Windows.Cortana ############ BAK"

で、名前を変えます。
 最後に、再起動後、問題のユーザーでログインすればよいようです。

UBUNTU20.04Ltsから、macOSのサーバアイコンが?になる

 UBUNTU20.04LTSから、macOSのfinderのネットワークを見ると、Sambaサーバーが?アイコンになってました。
 SambaがV1.0を廃したことからなのかと思って、2か月ほどほっときつつ逐次smb.confのfruitsなどを試していました。

 AVAHIデーモンのアイコンモデルが変わったようです。以下のように設定するとうまくいきました。

/etc/avahi/services/samba.serviceを以下のように作る

<?xml version="1.0" standalone='no'?><!--*-nxml-*-->
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">

<service-group>
  <name replace-wildcards="yes">%h</name>
  <service>
    <type>_smb._tcp</type>
    <port>445</port>
  </service>
  <service>
    <type>_device-info._tcp</type>
    <port>0</port>
    <txt-record>model=iMac</txt-record>
  </service>
</service-group>

model=でアイコンを選択します。どうやら、以下が有効なようです。

   Xserve
   PowerBook
   PowerMac
   Macmini
   iMac
   MacBook
   MacBookPro
   MacBookAir
   MacPro
   AppleTV1,1
   AirPort

 

Andorid用のプリンタクライアント(UBUNTUのCUPS+SAMBAで共有)

 いまいち、無料では良いのがなくて、Googleクラウドプリントで使ってましたが、「Google クラウド プリント”が来年末で廃止 ~10年間ベータ版のまま終息」
なので、探してみました。
 PrinterShareが、WindowsとMacのPrinter共有なら制限なしの無料になるので、これを使わせてもらいました。(CUPSならmac共有で、SAMBAならWindow共有なので大丈夫です)

(格安au回線)海外からのSMSが届くようになった(謎)

 全部の国ではないのかもしれませんが、海外からのSMSが届くようになりました。AppleのスウェーデンからのSMSは届くようです。

 Microsoftの方はどこからかわかりませんが、届きませんでした。

 謎です。

 

Windows10のスマホ同期がまた使えなくなった。海外からのSMSが届かない

 Windows10のスマホ同期がまた同じエラーに・・・まぁ、あまりこだわらないことにしよう。
 海外からのSMSが届かないようになった。gmailは日本からも送ってくれるようですし、Appleは音声で送ってくれるのでいいのですが、どうやら回線業者AU(KDDI)に問題があるようです。明日にでも店にでも電話してみよかと思います。

Windows10のスマホ同期が使えるようになった

 本日のアップデートで、スマホ同期がアップデートされ、設定したところ、突然使えるようになりました。どうも、5月初めにあったAndroidのアップデートへの対応のようです。
 ま、いずれにしても、使えるのは良いことです。

Windows10 スマホ同期が使えなくなる

 いつからかは定かではないのですが、スマホ同期が使えなくなっていました。
動かかないことを確認して、スマホのアカウントを消し、スマホ同期のリセットをして再セットアップを試みますが、いつも90%のところで、「接続されていますか?」以降は動かないです。スマホはWiFiでつながっており、同じローカルドメイン内にあります。ネットで調べて一通りやってみた感じですが、どうもうまくいきません。とはいえ、これのために、OSの再インストールはちょっと無理だし・・・w
 一番必要な、スマホで取った写真等の取り込みは、Sambaクライアントを使えるアプリで、Cameraのフォルダから同期することで問題あはありませんので、たまに様子を見ながら、使っていくこととしましょう。

 

UBUNTU20.04,MoePinkShell5にログインテーマを切り替えるメモ(Yaruテーマの温存)

 UBUNTU20.04のログインは、GDMが行っています。(そのせいで私のサブPCではサブディスプレイの設定とログイン画面の作成で設定が大変ですが^^;)
 GDMのthemeはAlternativeという方法で(生にはシンボリックリンクで)Yaruテーマフォルダのgresourceに設定されています。
 ここでは試みとして、Yaruテーマは温存して、Alternativeを使って、MoePinkShell5に書かれているGDMテーマに、切り替えてみます。
 galternativeで以下のようにしてみました。

実機2台でテストしました。(一方は以前もそうだったんですが、再起動が必要でした・・・ちょっと不思議ですが^^;)
問題ないようです。

Ubuntu20.04ltsのShellTheme MoePinkShell5の実機によるテスト

 UBUNTU20.04LTS用の、MoePinkShell5ができたので、実機テストをしました。以下から、もらってこれます。
 Ubuntu 20.04 LTS (Focal Fossa)用ShellテーマMoePinkShell5(暫定版)完成!
 簡単な手順は、
① ダウンロード→解凍(nautilusなどでダブルクリック)
② 設置

$ sudo cp -r ~/ダウンロード/MoePinkShell5 /usr/share/themes

③ login画面のgresorce,下部ロゴの設置

$ sudo mv /usr/share/gnome-shell/theme/Yaru/gnome-shell-theme.gresource /usr/share/gnome-shell/theme/Yaru/gnome-shell-theme.gresource.bak
$ sudo cp /usr/share/themes/MoePinkShell5/gnome-shell/gnome-shell-theme.gresource /usr/share/gnome-shell/theme/Yaru/
$ sudo mv /usr/share/plymouth/ubuntu-logo.png /usr/share/plymouth/ubuntu-logo.bak.png 
$ sudo cp /usr/share/themes/MoePinkShell5/ubuntu-logo.png /usr/share/plymouth/

mvでバックアップを、cpで設置をしています。

④ (例)お好みのlogin.png(ピクチャにあるもの)を、設置

$ sudo cp ~/ピクチャ/login.png /usr/share/themes/MoePinkShell5/gnome-shell/moebuntu_bg.png

○実機テスト1
 
M/B:ASUS PRIME H370-A/CSM
CPU:Core i5-9400F BOX BX80684I59400F
RAM:Crucial CT2K8G4DFS8266 (8GBx2)
GPU:MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G OC

○実機テスト2

M/B:ASUSTeK Intel B75搭載 マザーボード LGA1155対応 B75M-PLUS
CPU:Intel CPU Core i7 3770K 3.5GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770K【BOX】
RAM: 8GB:DDR3 W3U1600HQ-4G DDR3 PC3-12800 CL9 4GB x 2枚セット ヒートシンク付
   16GB:DDR3 F3-12800CL10D-16GBXL DDR3-1600 16GB(8GB*2枚組)KIT CL10
GPU:NVIDIA GeForce 210→オンボードHD4000に変更

うまく行きました。