ファイルサーバ(trivia)のUBUNTU20.04LTS化(作業メモ)

0.rufusでないと、UEFIブートのUSBメモリは作れない!(補)
SetUpPackとして、各種必要ファイルをUBUNTU18.04LTS版からとっておき、USBメモリに入れてあります。
すべてのUSB-HDDを抜いて、インストール
インストール先はWDC WD740ADFD

リモートデスクトップ関係

$ gsettings set org.gnome.Vino require-encryption false

設定→共有から画面の共有をセットする。

言語設定

 設定から入り、自動的に出る言語のインストールを済ませる。
 Mozc関係のツール軍が動くようになる

アップデートを済ませる

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade


Samba関係

 fstab入れ替え、マウントポイント整備、USB-HDD組付け再起動
 SAMBAインストール

$ sudo apt install gawk
$ sudo apt install samba

SetUpPackから/etc/samba/smb.conf、/etc/samba/dfree.sh入れ替え。

$ sudo chmod 777 /etc/samba/dfree.sh
$ sudo service smbd restart
$ sudo service nmbd restart


ファイヤウォール

$ sudo ufw enable
$ sudo ufw default DENY
for vnc
$ sudo ufw allow 5900
for wizd
$ sudo ufw allow 8000
Samba
$ sudo ufw allow Samba
$ sudo ufw reload


takaofontへ(対Wine)

$ sudo apt install fonts-takao
$ sudo fc-cache -fv


conky

$ sudo apt install conky-all
setuppackから.conky,.conkyrc,.luaをホームへ
$ chmod +x ~/.conky/conky20
自動起動で/home/mifjpn/.conky/conky20

テスト

$ conky

.conkyrcのhwnom 1ではtempが出ないため、hwmon 2に置換して解決した。

Wizd(コンパイルしないで良い模様)

setuppackから、wizdを/optへ

$ sudo chmod 755 /opt/wizd/*

setuppackから、/etc/systemd/system/wizd-0.12.service 設置

$ sudo chmod 755 /etc/systemd/system/wizd-0.12.service

setuppackから、/etc/default/wizd-0.12 設置filemodは644設定に。さらに

$ sudo chmod 755 /etc/default/wizd-0.12

テスト

$ sudo systemctl start wizd-0.12.service
$ ps -ax|grep ./wizd
$ sudo systemctl stop wizd-0.12.service
$ ps -ax|grep ./wizd

起動時設定

$ sudo systemctl enable wizd-0.12.service

再起動後確認

$ sudo systemctl status wizd-0.12.service
$ sudo gedit /opt/wizd/wizd.conf
ルート設定が/filetankと古いルートのため直した


chrony

$ sudo apt install chrony
$ sudo cp /etc/chrony/chrony.conf /etc/chrony/chrony.conf.bak

SetUpPackから、/etc/chrony/chrony.conf設置

$ sudo service chrony restart
$ chronyc sources


smartctlのためにsmartmontoolsをインストールする

$ sudo apt install smartmontools


wine-stableインストール

$ sudo dpkg --add-architecture i386 
$ sudo apt update

Next, to install Wine we need to install both wine64 and wine32 Windows API implementation packages. To do so execute the following command:

$ sudo apt install wine64 wine32

Once the installation is completed confirm the wine installation by checking for the wine version:

$ wine --version
wine-5.0 (Ubuntu 5.0-3)


このままだと、0009:err:winediag:SECUR32_initNTLMSP ntlm_auth was not found or is outdated.が出るので。
$ sudo apt-get install winbind

が必要です。

Windows版Adobe airのインストール

firefoxで、Windows版をダウンロードする。

$ cd ~/ダウンロード
$ wine AdobeAIRInstaller.exe


Adobe air版 radikoのインストール

firefoxで、ダウンロードしてnautilusでダブルクリックでいけます

U1804-180626 UBUNTU18.04Ltsでibus-mozcのキーバインドを変える

VinoはHankaku-Zenkakuを通さないので、直す。
U1804-180626 UBUNTU18.04Ltsでibus-mozcのキーバインドを変える

・・・sambaがv1.0の接続をリジェクトするようになった。ClonezillaのときV2.0を選ぶ必要あり


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-04 (月) 02:05:05