VM-Player

 もともとのisoファイルが無いとフルインストールできないので、小手先でかわします。  日本語版のdebiam dogをlive-CDの部屋から持ってきます。
 種類をゲストOSをlinuxにバージョンはUBUNTUにします。
 liveCDを上から2番目の

sysvinit live-boot-2 (nosave)

 で立ち上げます。 メニュー→システム→DebianDog-フルインストールでは、isoファイルが無くgrub4dosしかインストールできませんでした。
メニュー→ユーティリティ→Gpartedでsda1を作ります。 CD(sr0)の/live 以下のファイルをインストールしたいパーティションsda1に丸ごとコピーします。
menu.lstに以下を追加し、再起動します。

title DebianDog Jessie (sda7/Jessie)
 root=(hd0,0)
 kernel /live/vmlinuz1 noauto from=/ changes=/live/ vga=0x341
 initrd /live/initrd1.xz

 その後わかったのですが、isoイメージをダウンロードするくらいなら問題なく動くことが解りました(メモリ1GB設定で)。isoイメージをslim boatでダウンロードして、フルインストールも可能です。

実機

 もともとのisoファイルをUSBメモリにいれ、指定するとフルインストールとなります。
 grub2に任せたいため、別のOSのgrubcustomizerで認識させます。
 Live CDの部屋にあるように、

initrd /boot/initrd.img

 が足りないので、grubcustomizerで直しました。

両機ともpuppy(一般ユーザ)で

 live-CDの部屋から、

ターミナルから
sudo xdm-stop
sudo leafpad /etc/inittab
inittabの54行目の
1:2345:respawn:/bin/login -f root /dev/tty1 2>&1
のrootの部分を自動ログインにしたいユーザー名に置き換えます.
例えばpuppyなら
1:2345:respawn:/bin/login -f puppy /dev/tty1 2>&1
再起動すると一般ユーザーで自動ログインします.

パスワードもpuppyです。
このままだとrestartなどの時に、パスワードを聞いてきますので、
メニュー→User設定→Active/Deactive 電源断Password
をつかって、パスワードを入れておきます。

Printer setting

cupsがインストールされていませんので、synapticでインストール。 Remote Printerにできました。(プリンタサーバのクライアントです。)


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-13 (火) 08:42:17