Cinnamonが重い

 もう古いノートなのでcinnamonのスタートも遅く、メニューも出るのが遅いのです。
 実用的レベルを考えてXfceにしました。快適です。

Pentium M問題

 Pentium Mの問題は、インストールCD最初のStart Linux Mint with PAE forcedオプションを選ぶことで回避できました。

non-UEFI

 昔のBIOSなので、UEFIには対応していません。インストール時に手動でパーティションを切り、/へマウントして回避可能でした。

日本語環境

 17.2からは簡単になっています。
スクリーンショット_2015-09-05_06-17-08.png
fcitxのボタン(Add Support fcitx)を押すと、日本語入力環境のインストールができました。最後に一番上のInput methodをfcitxにすれば大丈夫でした。
ログアウトー>ログインすれば、全角/半角ボタンで日本語入力可能でした。


添付ファイル: fileスクリーンショット_2015-09-05_06-17-08.png 249件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-12 (月) 14:26:44