IPv6オプションライトの要件

 「NTT貸し出しのルータRV-440NEでIPv4のPPPOEが動いていること。」
 とのことで、今までRV-440NEをブリッジモードにして、以下にBHR-4GRV2でPPPOEを構成していましたが、BHR-4GRV2を無くして、RV-440NEでPPPOEとしました。

固定IPを再設定

 BHR-4GRV2では、192.168.12.0/255.255.255.0だったが、RV-440NEでは192.168.1.0/255.255.255.0なので、固定IPもその範囲に固定しなければなりません。DHCP割り当てを少し減らし、Fileserver,Wpserver(WebPrinterMusicServer?)のIPを固定しました。
 UBUNTU18.04Ltsから、/etc/netplanになっていますが、ここは簡単に、あっさりとGUIベースでIP,マスク、ゲートウェイを設定しました。

Webserverのためのポート開放

 詳細設定から静的IPマスカレード設定を開き、エントリ01の編集を開く
 静的NAT設定エントリ編集画面が表示されるので下記の様に入力

   1.変換対象プロトコル:TCP
   2.変換対象ポート:80(設定追加後WEBとうニーモニック指定となります。問題ありません)
   3.宛先アドレス:192.168.1.foo
   4.設定
   5.前のページヘ戻る
   6.設定反映

 NATエントリに設定を入力し前のページを戻るを開き、静的IPマスカレードの一覧画面に戻る。
 必ず入力したエントリ番号にチェックを入れて保存を選択しポート開放設定をアクティブ(有効化)に

Ubuntu各種でのhostsの設定

 固定したIPについて、その値を入れます。
 .localも忘れずに入れましょう。

ntp=chronyのサーバ設定

 忘れてたのがchronyのサーバ設定。192.168.12.0/24を192.168.1.0/24へ。

Windowsの名前解決がが不安定

Windos10のhostsに明示することにしました。

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts
192.168.1.foo	wpserver wpserver.local
192.168.1.bar	trivia	trivia.local 

ネットワークドライブ

 ネットワークドライブについてはそれぞれ、wpserver.local,trivia.localで接続しました。

プリンタ

 以下のURLでCUPSに接続しました。

http://wpserver.local:631/printers/deskjet-5600

mifmif.ddo.jp,mifmif.mydns.jpがデフォルトではつながらない

 mifmif.ddo.jp,mifmif.ddo.jpがデフォルトではつながらないため、リンクを張ってあるページでは、リンクでエラーとなり、面倒なため、PC2だけ、リンクをたどれるように、hostsを設定します。(反対にPC3ではSoftEther?で外部から、確認します。)

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts
192.168.1.foo	wpserver wpserver.local mifmif.ddo.jp mifmif.mydns.jp
192.168.1.bar	trivia	trivia.local

IPv6オプションライト適用後、mifmif.mydns.jpはIPv6にも対応しているためか、hostsに入れなくても閲覧出来ました


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-15 (月) 01:25:13 (213d)