だいぶ構成が変わってきたので、SMART出力のスクリプトを作り直しておく

 裸族シリーズで4台(1.0TBx3,2.0TBx1,USB2.0)、USB3.0のHDDケースが3つとなったので、smartctlのスクリプトを、最新のものにしておきました。

Current Pending Sector Countがおかしい

WD20EARSですが・・・
1448.png
 Current Pending Sector Countが1448とおかしいのです。
 ペンディングなので書き込めばなくなるはずです。一度、マザーボードとじかにつないで、3.0TBハードディスクにデーターをバックアップしました。
 そして、ゼロフィルをしてみます。
 ddでもいいんですが、進捗が出ないので、shredコマンドで行いました。

# shred -vzn0 /dev/<デバイスファイル名>

 しかし結果が思わしくありません。
 Current Pending Sector Countが111です。
 Reallocated Sectors Countは0のままです。
 つまり、処理されたすべてのセクタは代替されていないのです。しかしそれにもかかわらず、セクタライトしても111のペンディングがあるという不思議な状態です。
 まずは、ゼロフィルをもう一度かけてみます。
 しかし状況は変わりません。

「HDAT2」による不良セクタの修復

 「HDAT2」による不良セクタの修復をかけてみました。エラーはありません。
 このハードディスクは「はずれ」だったのでしょう。おかしな、Pending Sectorが増える傾向にあるので、利用をやめました。


添付ファイル: file1448.png 75件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-24 (日) 12:14:55 (262d)