#author("2020-02-01T14:17:22+09:00","default:regex","regex")
#author("2020-02-02T11:54:13+09:00","default:regex","regex")
*PukiWikiとWordPressのバックアップ体制を整える [#ncc35476]
 Windowsは変更があった都度(ほぼ毎日、ディスク容量)、Ubuntuによるサーバは1週間に1回(1月分)となっていましたが、Pukiwiki(Webroot)とWordPress(プラグイン:BackWPup)の週間バックアップもとることにして、方法と、下記戻し法をメモし、スムーズに行えるよう準備しました。~
 いまのところ、webrootの親となるマウントポイント(以降<*******>と略します)は大きく空いてますので、そこへテンポラリを作って、ファイルサーバーに転送して、副愛に備えます。
 いまのところ、webrootの親となるマウントポイント(以降<*******>と略します)は大きく空いてますので、そこへテンポラリを作って、ファイルサーバーに転送して、不具合に備えます。
*Back up webroot [#ie965dfc]
tar.gzにして、本体のコピーは消します。
 $ cd <*******>
 $ sudo cp -aR webroot ./webroot-backup/webroot<YYMMDDhhmm>
 $ sudo progress
 $ cd webroot-backup
 $ sudo tar cvzf webroot<YYMMDDhhmm>.tar.gz webroot<YYMMDDhhmm>
 $ sudo progless
 $ sudo rm -rf webroot<YYMMDDhhmm>
 $ sudo chmod -R 777 *
 ここで、1ヶ月分に調整。~
 この後、PC-2のFreeFileSyncで、ファイルサーバのにミラーを取ります。(バックアップ)
*Restore Webroot [#i6105384]
 $ cd <*******>
 $ cd webroot-backup
 $ sudo tar xvzf webroot<YYMMDDhhmm>.tar.gz
これで、オーナー、パーミッションも含めコピーが解凍されます。
*Backup WordPress [#i3beba16]
まず、BackWPupでそれぞれ、バックアップを作ります。~
1ヶ月分になるように、古い分は削除します。~
場所は<*******>/wp-backup/<データベース名=それぞれのwebrootフォルダ名>~
以降<データーベース名>を<wp-name>と略します。~
 $ sudo chmod -R 777 <*******>/wp-backup
 オーナーがwww-data:www-dataなので、外から読み書きできるように、パーミッションを変えます。~
 ここで、1ヶ月分に調整。~
 この後、PC-2のFreeFileSyncで、ファイルサーバのにミラーを取ります。(バックアップ)
*Restore WordPress [#if14cc89]

 $ cd <*******>/wp-backup/<wp-name>
 $ sudo mkdir root
 $ sudo chmod 777 root
 $ cd root
 $ sudo tar xvzf ../<バックアップファイル名>.tar.gz
 不具合のあるWebpageは一旦消してから、書き戻します。~
 $ sudo rm -rf <*******>/webroot/<wp-name>/*
 $ sudo cp -R <*******>/wp-backup/<wp-name>/root/* <*******>/webroot/<wp-name>/
 $ sudo chown -R www-data:www-data <*******>/webroot/<wp-name>/
 $ sudo chmod -R 755 <*******>/webroot/<wp-name>/
 データベースも書き戻し、バックアップファイルは消しておきます。(phpmyadminは使いません)
 $ sudo mysql -u root <wp-name> < <*******>/webroot/<wp-name>/<wpname>.sql
 $ sudo rm -rf <*******>/webroot/<wp-name>/*.sql

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS