Fileの用意

 まずは、iceweazelなどを使って使うファイルを集めます。ホームフォルダ(/home/ユーザ名/)の下のダウンロードというフォルダに入るということになるでしょう。
1.今回は青で行きます。moebuntu オリジナルデスクトップテーマでMoe-Blue.tar.gzをもらってきましょう。
2.アイコンファイル。Toyさんが近日作ってくれた、MoePinkIcons_150503をUbuntu 15.04の萌え化状況 その2からもらってきます。
3.フォントをもらってきます。ここではあくびんのwin用をもらってきます。
4.青系の スプラッシュ画面用背景1枚とログイン用壁紙1枚と、デスクトップ用壁紙1枚を用意します。あとで動かせなくなるので、ホームフォルダにsystemフォルダを作って、入れておきとよいでしょう。
※tar.gzやzipファイルは、ファイルマネージャ(pcmanfm-qtでしょう)を使って、ここに展開を使いフォルダを取り出しときましょう。

Fileのコピー

 端末(LXTerminal)で

$ gksu pcmanfm-qt

 などとして、ルート(管理者)権限のファイルマネージャを起動します。そして、上でもらってきたファイルをコピーします。
(なぜか、pcmanfm-qtはrootで動かなくなることがあります。この場合、Xfce系のthunarで代用しました。

$ sudo apt-get install thunar
$gksu thunar


1.Moe-Blue6はフォルダごと/usr/share/themesへ
2.MoePinkIcons_150503はフォルダごと/usr/share/iconsへ
3.akubin???はフォルダごと/usr/share/fonts/truetypeへ
 フォント認識のため一度リブートが必要でした。

ソフト等用意

1.メニューー>設定ー>Synapticパッケジマネージャから、Oxygen で検索し、Oxygenマウスカーソルをインストールしておきます。
2.LXAppearanceのインストール

sudo apt-get install lxappearance

ルックアンドフィール

 メニューー>設定ー>ルックアンドフィールを設定します。を選択
Moe-Blue6を選択
app1.jpg
MoePinkIconを選択
app2.jpg
マウスカーソルの設定
app3.jpg

LXQT外観の設定

メニューー>設定ー>LXQT setting ->LXQTコンフィグレーションセンターー>LXQTの外観を選択。
ウィジェットのスタイルでGTK+を選択。
qtapp1.jpg
アイコンをMoePinkIconに設定。
qtapp2.jpg LXQtテーマの設定(明るくなるのでこっちのほうがいいと思います。)
qtapp5.jpg
フォントの設定
qtapp4.jpg
カーソルの設定
qtapp3.jpg

パネルの設定

 メニューの部分で右クリック。パネルの設定をクリック、以下のようにします。
panel.jpg
 背景画像のところは、

/usr/share/themes/Moe-Blue6/gtk-2.0/Panels/panel-bg.png

です。

Openboxの設定

メニューー>設定ー>Openbox Configration managerを以下のように設定します。
テーマをMoe-Red6に
ob1.jpg
外観で、フォントをあくびんに
ob2.jpg

壁紙を入れる。

 お好きな壁紙を入れましょう。以下のようにします。
wall.jpg
こんな感じです。
ただこれだと、conkyの部分が、透過できなくなってしまいました。
conkyはバックグラウンドを読むので、この場合バックグラウンドがちょっと違っているのでしょう。そのため、conkyの方に細工をします。

conky.shを作る。

 まず、fehをインストールしておきます。

$ sudo apt-get install feh

conky.shを以下の要領で作っておきましょう。 端末で

$ leafpad ~/system/conkyrc.sh

内容は

#!/bin/bash
feh --bg-scale /home/<ユーザ名>/system/<壁紙にしたファイル>
sleep 5
conky

です。
 pcmanfm-qtなどファイルマネージャーで、プロパティで実行属性をつけておきます。
メニューー>設定ー>LXQT settings->LxQtセッションの設定ウインドウの左タブ=Autostartを直します。(インストール時にconkyのみの実行欄になっているはずです。)
conkyを選び、編集(edit)。
conky1.jpg
コマンド(command)を

/home/<ユーザ名>/system/conkyrc.sh

とします。
conky2.jpg
うまく行きました。
fullwall.jpg
※なお、.conkyrcは、alignment top_rightに、色のコード0000ffをff0000へ13個置換、また、conkyの列がそろわないので、52行目のfontをfont Droid Sans Mono:Size=10とするとよいようです。サイズが変わらない場合には、15行目を

xftfont Droid Sans Mono:style=Regular:size=9

 また、52行めを

${color 0000ff}NAME               PID   CPU%   MEM%

 とすると良いようです。

つづく


添付ファイル: fileqtapp1.jpg 347件 [詳細] fileqtapp4.jpg 338件 [詳細] fileconky1.jpg 321件 [詳細] fileqtapp2.jpg 318件 [詳細] fileqtapp5.jpg 299件 [詳細] fileapp3.jpg 346件 [詳細] fileapp1.jpg 336件 [詳細] filefullwall.jpg 329件 [詳細] filewall.jpg 388件 [詳細] fileconky2.jpg 309件 [詳細] fileob1.jpg 304件 [詳細] fileqtapp3.jpg 340件 [詳細] fileqtapp2.5jpg 121件 [詳細] fileob2.jpg 319件 [詳細] filepanel.jpg 294件 [詳細] fileapp2.jpg 293件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-13 (火) 08:34:28