#author("2018-03-13T08:27:25+09:00","default:regex","regex")
*Hyper-v [#uOUCbih]
 インストーラーには漢字が入っていません。お豆腐を読むこともできますが、実機でインストールがこけたので、英語でインストールしました。日本語化は[[ここ:http://www.server-world.info/query?os=Ubuntu_14.04&p=japanese]]を参考にしました。すぐに日本語に切り替わり問題はありませんでした。~
 wattOS-R9-32-jp.isoが出ました、englishでのインストール(日本語欄は文字化け)でも、fcitx-mozc付きでインストールできます。ただ、言語パックのバージョンが合わずに、言語の統一ができない状態です。~
 [[Ubuntu14.04で日本語パックをインストールしようとすると以下の様なエラーが発生しました。:http://qiita.com/ariarijp/items/53a5eec3c30d767945c5]]を利用しました。一応、設定→言語サポートでシステム全体に適用を押してみますと、とりあえずの問題は解決できました。
*実機 [#8304XPe]
*実機 [#n3029d5b]
 英語でインストールの時、インストール時にアップデートを選ぶと、インストーラーがこける(エラー)ことがわかりました。アップデートなしでインストール(但し、サードパーティーはあり)。~
 とりあえず、アップデート ~
 $ sudo apt-get update
 $ sudo apt-get upgrade
このままでは、日本語フォントがみんなお豆腐になるので、 ~
menu -> prefarence->synapticで ~
horaiを検索し梅フォントを入れます。 ~
そして、日本語化、上のやり方を試しましたが、すぐには日本語になりませんでした。~
実機は何度か設定、メニューの言語も日本語を再上段へ持ち上げ入れてみること数回。なんとか入りました。~
ibusだと、firefoxの入力の時にanthyしか使えなかったので、 ~
 sudo apt-get remove ibus-mozc ibus-anthy
 sudo apt-get install fcitx-mozc
そして、設定→言語サポートでfcitxを選択。ログインし直しでOKでした。 ~
これで、問題ありませんでした。~
 次にconkyをインストール。~
 sudo apt-get install conky-all
 [[ここからconkyrc:http://mifmif.mydns.jp/pcpc/conky/conkyrc]]を、ファイルとしてセーブし、ホームフォルダに入れ、名前を.conkyrcに直します。~
 そして、メニューー>設定ー>LXSessionのデフォルトのアプリケーションで右タブAutostart、@conkyで追加しておきます。~


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS