#author("2018-05-27T06:11:29+09:00","default:regex","regex")
*wizdをやっぱり入れた [#Pn0HmtN]
 クリスマスイブに、昔取ったアニメ映画を見たことないというので、息子と鑑賞会。
いまでは世界的になったのか[[ここいらに、debファイル:http://wizd.sourceforge.net/]]もあるのですが、どうやらUbuntu16.04ではdpkg -iしても、エラーが出て、更にapt-get install -fしても肝心のwizdが出てこないようなので諦めました。やっぱり古いのね。~
 そして、そこでダウンロードできたソースはcygwinのもので、肝心のlinux版はありませんでした。(ガッカリ)~
*大本からコンパイルします [#nk8ETOl]
 以前の通りで問題はありませんでした。~
[[Wizd0.12:http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/3271/]]がすべての大本で、一番問題ないです。^^~
 ダウンロードしたソースコードを、
 /opt/wizd
 下に解凍します。~
 必要なライブラリは~
 % sudo apt-get install libjpeg62-dev
 のみです。~
 では。コンパイルをば。~
 make clean
 make
 これで、wizdはできますが、wizd.confをしこしこいじって、表示再生されるルートディレクトリをいれます。以前と同じだったので、コピーですが。一応、変更部分をここに書いときます。~
 document_root /filetank/
 #お好きな場所に
 server_language_code UTF-8
 #auto だと文字化けする。
 skin_root ./skin
(なお、gccとmakeを入れないといけないかもしれません。)~
*Systemdに足をすくわれる [#bSSkye2]
 あ〜!Upstartでないんだよ。う〜ん、またはじめからかぁ〜(痛)~
 [[こちらを参考に作りましたよ〜:http://cameong.hatenablog.com/entry/2016/10/18/121400]]~
 サービスの定義
 # gedit /etc/systemd/system/wizd-0.12.service

 [Unit]
 Description=WIZD
 After=syslog.target network.target
 
 [Service]
 Type=forking
 EnvironmentFile=/etc/default/wizd-0.12
 WorkingDirectory=/opt/wizd
 ExecStart=/opt/wizd/wizd-0.12-start.sh
 ExecStop=/opt/wizd/wizd-0.12-stop.sh
 User=root
 Group=root
 RemainAfterExit=yes
 KillMode=none
 Restart = always
 
 [Install]
 WantedBy=multi-user.target
~
 #chmod +x /etc/systemd/system/wizd-0.12.service
環境設定~
 # gedit /etc/default/wizd-0.12

 LOG="/opt/wizd/log/wizd-0.12.log"
 ERROR_LOG="/opt/wizd/log/wizd.error_log"
 RUN_DIR="/opt/wizd"
~
 #chmod +x /etc/default/wizd-0.12
スタートスクリプト~
 #gedit /opt/wizd/wizd-0.12-start.sh

 #!/bin/bash
 cd /opt/wizd
 ./wizd  > $LOG 2>$ERROR_LOG
~
ストップスクリプト~
 # gedit /opt/wizd/wizd-0.12-stop.sh

 #!/bin/bash
 killall wizd
~
 本来ならpidファイルにスタート時のpidを入れるところですが、プレーヤーを動かすごとに、子プロセスをフォークするので、killallでプロセスを終了させます。~
 Shell scriptに実行権限を与えておく。~
 chmod +x /opt/wizd/*.sh
 試して見ましょう。~
 # systemctl start wizd-0.12.service
 # ps -ax|grep ./wizd
 3589 ?        S      0:00 ./wizd
 3590 ?        S      0:00 ./wizd
 5913 pts/20   S+     0:00 grep --color=auto ./wizd
~
 # systemctl stop wizd-0.12.service
 # ps -ax|grep ./wizd
 6895 pts/20   S+     0:00 grep --color=auto ./wizd
~
*スタート時に動かします [#v1wO54u]
 # systemctl enable wizd-0.12.service
 再起動後確認~
 
 # systemctl status wizd-0.12.service
 ● wizd-0.12.service - WIZD
    Loaded: loaded (/etc/systemd/system/wizd-0.12.service; enabled; vendor preset
    Active: active (running) since 日 2016-12-25 03:15:06 JST; 7min ago
   Process: 1305 ExecStart=/opt/wizd/wizd-0.12-start.sh (code=exited, status=0/SU
  Main PID: 1317 (wizd)
    CGroup: /system.slice/wizd-0.12.service
            ├─1317 ./wizd
            └─1318 ./wizd


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS