RADEON Xpress 200M

 NEC Versa Pro VY16M/RF-XはATI社製 RADEON(R) Xpress 200Mチップセット(グラフィックチップ含む)の構成でした。

3D Unity

 このチップセットは少し癖があって、12.04のときも、通常起動ではUnityが出ずに、Grubで一度Recovery Modeを選んで、Normal Bootするときだけ、Unityが出るというものでした。その後、数か月で、アップデートにて直りました。
 御多分にもれず、Ubuntu14.04.1でも同じ動作をしました。そのため、とりあえずの所は、gnome-session-flashbackをインストールし、GNOME FLASHBACK(Metacity)=2Dで、通常起動するのは確認できました。

最新の環境に整える

 そのまま放っておいても、直らないような気もするので、まずX-Org関係すべてを、新しくすることから始めました。
 一番新しいと思われる、X環境をととのえるため、“xorg crack pushers” teamのPPAをセットし、アップデートしました。
 これでも、まだ直りませんでした。

通常起動とどこが違うのか?

どこが違うのかを突き止めました。

解決は意外なところに

 ドライバ関係は、全部と言っていいほど試してみました。しかしうまく動きません。ここで、情報として、画面が崩れるときにGRUBのオプションが関係しているという事実でした。カーネルからXに渡される格好になるのだと思います。

$ sudo nano /etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash noapic"

noapicを足します。(編集後、sudo update-grubを忘れずに。)
 こうすると、きちんと、3DのUnityが立ち上がります。(しかも早いです。)

$ glxinfo | grep OpenGL
OpenGL vendor string: X.Org R300 Project
OpenGL renderer string: Gallium 0.4 on ATI RS400
OpenGL version string: 2.1 Mesa 10.4.0-devel
OpenGL shading language version string: 1.20
OpenGL extensions:

となり、全てがオープンソフトウェアのドライバ群となりました。
 以前は立ち上がらなかった、ソフトウェアセンター、firefoxもきちんと動くようになりました。


ノートPC2つめ


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-09 (木) 14:58:04