(※Operaでの*.petのダウンロード時に*.gzにしたがるので注意!!)

Bugをつぶす

 Puppy Linux 日本語版(SOURFORGE.JP)の言う通り、バグをつぶしときます。

Server(CUPS)へのPrinter接続

 Web Printer Serverでは、CUPSとSambaでのPrinter(HP Deskjet-5600)公開をしています。そのため、HPの5600シリーズのドライバが必要です。
 Puppy側のCUPSでは、deskjet-5600ドライバがありませんでした。
 hplipliteをインストールします。
 Puppy Linux Discussion Forumの hplip and hpliplite packagesを元にして、libnetsnmp-15.pet、hpliplite-3.10.5.petをインストールできます(ファイルマネージャでクリック)。
 Puppy側のCUPSで、Web Printer Serverのdeskjet-5600設定。うまくテストページが出ました。

vnc server設定

 本家=Puppy Linux Discussion Forumのx11vnc server and tightvnc viewer packages for Dingoから、x11vnc_server-0.9.4B.petをダウンロードしてインストールできました。その後、メニュー→ネットワークから、設定画面が出るので設定。(ここでは、ローカルで使うので、誰でも入れるがパスワード設定にしました。)

Operaへのflashのインストール

 嫁が、デジタルチラシなんかも見るので、入れることにしました。というか、メニュー→インターネットにそのままあるので、解決。しかし、早いなflash。10以上前のPCとは思えんです。

Libreofficeのインストール

 これも、メニュー→文書にあり、現在(141102)4.2.7がインストールできました。

Sambaクライアントとしての設定

 File server(192.168.fuga)とWeb Printer server(192.168.hoge)へのアクセスは、ファイルマネージャ等でも面倒な感じなので、ディレクトリを用意して、/etc/fstabに書き込むことにしました。(puppyは、fstabへの記載によって、ファイルマネージャでアクセスするとき動的にマウント・アンマウントしてくれるので便利でした。)
 ディレクトリは、

# mkdir /root/smb

# mkdir /root/smb/public・・・(hoge用)

# mkdir /root/smb/music ・・・(hoge用)

# mkdir /root/smb/filetank・(fuga用)

# chmod 777 /root/smb/* パーミッションは777で
 そもそも、Windows用になっているので、nobody/nogroup password無しなので、fstabに

//192.168.hoge/public /root/smb/public cifs iocharset=utf8,password="",file_mode=0777,dir_mode=0777 0 0
//192.168.hoge/music /root/smb/music cifs iocharset=utf8,password="",file_mode=0777,dir_mode=0777 0 0
//192.168.fuga/filetank /root/smb/filetank cifs iocharset=utf8,password="",file_mode=0777,dir_mode=0777 0 0

 これでも、puppyからの新規ディレクトリのパーミッション755、新規ファイルは766ですが、みんなnobody/nogroupなので大丈夫でしょう(linuxどおしてはパーミッションは変えられますから)。ただ、puppyからの書き込みのコピー・ムーブ時に、オーナー関係のエラーが出ます(puppyは全てrootだからかもしれません)。実際には、nogroup:nobudyで、パーミッション700でコピーされるようですから、無視しましょう。


 これで、一通りのことができるマシンになりました。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-23 (金) 22:49:54