LAMPのインストールは無駄だった

 楽をしようとLAMPでインストールしましたが、結局、PHPの別バージョンのインストールとなり、LAMPでのインストールはあまり意味がありませんでした。
 ここで、最小限インストールをまとめてみたいと思います。

  1. LaunchpadのOndrej氏のPHP5.5の使用
     一応、ここではsynapticを使います。(ppa競合等の問題回避のため)
    $ sudo synaptic
     設定→リポジトリ(ソフトウェアとアップデート)。他のソフトウェア(タグ)。で競合しそうなPHPのppaがない事を確認します。(ありませんでした。)
     左下の追加ボタンを押し、LaunchpadのOndrej氏のPHP5.5のppaつまり、ppa:ondrej/php5を入れます。そして、右下の閉じるへ。Synapticが設定をしてくれます。
  2. 最小限の環境のインストール
    $ sudo apt-get install libapache2-mod-php5 php5-curl php5-sqlite
     これが最小限の環境のインストールです。
     最後に念のため、synapticですべてアップグレードができるのでこれを行います。unityからソフトウェアの更新を起動し、更新します。
  3. apache2のwebrootの設定
     当然、webのデータ用のフォルダ(ここでは/.../としてありますが)にpukiwiki_adv-2.0.0を展開し、オーナー、モードを調整してください。(なお2014-9-28時点で/wiki-common/lib/PukiWiki/Render.phpは古いものが入っているので、マスターブランチからダウンロードし上書きしてください。)
    webrootの設定ファイルは
    /etc/apache2/sites-available/000-default.conf
     で、なおすのは、
    DocumentRoot /.../pukiwiki_adv-2.0.0/webroot/
     だけでなく、追加が必要です。
       <Directory "/.../pukiwiki_adv-2.0.0/webroot/">
           Require all granted
       </Directory>
  4. その他の設定
     MIFさんの写真館では、写真を大きいままアップグレードするので、attach.php,ref.php,php.iniを調整しました。詳しくはNPC2-140920です。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-12 (月) 14:26:43