BHR-4GRV2でIPv6オプションライトが動くか試す

 ローカルの名前解決の簡便さ(WINS,mDNSで解決でき、hostsの設定がいらない)と、自宅サーバの名前解決による閲覧ができるので、BHR-4GRV2でIPv6オプションライトが動けばとても便利です。そこで、試してみました。

セキュリティー→VPNパススルー項目のチェックを入れる

 次の2つにチェックを入れます。

フレッツIPv6サービス対応機能 使用する
PPTPパススルー 使用する

うまくつながったので、設定を戻す

 各IPv6確認ページでもOKで、自宅サーバのIPv6での接続も確認できました。
 Windowsのhostsの設定を消し、Ubuntu等のhostsの設定を変えます。
 RV-440NEと異なり、WINS名前解決でもたつくことなく快適です。
 また、午前2時でIPv4をooklaで23~48Mbps、IPv6をfastで83Mbpsなので、(VDSL)まえと変わりありません。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-20 (土) 03:03:33 (208d)