Ubuntu14.04へのpukiwiki advのインストール

 pukiwiki自体がデベロップが停滞し、PHP5.5にはついていけなくなった。
 このままでは、14.04でPukiwikiが使えない;;
 そこで、PHP5.5に対応した、pukiwiki advをインストールしてみた。試行錯誤2日;;なんとかわかるようになりました。

1.LAMPを設定する

sudo apt-get update
sudo apt-get install tasksel
sudo tasksel install lamp-server

 データベースのパスワードを尋ねられるので、パスワードを入れる。
 これと、呼応してか、/etc/hosts,/etc/hostnameを短いものにしておくとよいみたいです。

2.pukiwiki advをダウンロードする。
 Firefoxを使って、pukiwiki_adv-2.0.0-beta2.tar.xzをダウンロード。自分の適当なところ(とりあえずホーム)に、展開しておいておく。私のインストール先は、/ntfsmnt/なので、

# cp -r /home/ユーザー名/pukiwiki_adv-2.0.0-beta2 /ntfsmnt/

 を実行。apache用に、

# cd /ntfsmnt/
/ntfsmnt# chown -R www-data:www-data pukiwiki_adv-2.0.0-beta2/

 とオーナーを変更しておく。

3.apache2.4のwebrootの設定

# nano /etc/apache2/sites-available/000-default.conf 

 なおすのは、

DocumentRoot /ntfsmnt/pukiwiki_adv-2.0.0-beta2/webroot/

 だけでなく、追加が必要。

   <Directory "/ntfsmnt/pukiwiki_adv-2.0.0-beta2/webroot/">
       Require all granted
   </Directory>


4.PHP用のsqlite等の追加
 これが一番、判らなくて困ったが、なんとか探しだしました

# apt-get install php5-sqlite
# apt-get install php5-curl


5.最後にApacheのリスタート

# service apache2 restart

これで、行けるはずです。Firefoxで、127.0.0.1を見て確かめましょう

追加:attach等のパーミッションを設定しましょう。
   一応、composer.jsonファイルが入っているので、composerをインストールして、

# composer install
# composer update

 しておきました

MIFさんのパソコン


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-23 (金) 22:49:54 (1481d)